クロノスイスの時計をそろそろオーバーホールに!

カテゴリー 時計の修理 | 投稿日 08-05-2013

みなさんオーバーホールという言葉をご存じでしょうか。
私としても最近知った言葉なんですが、高級時計を使ってる人は知っておかなければいけない言葉です。
要はメンテナンスのことなんですが、時計って内部の部品がともに摩擦しあって動いてるわけなんですが、その際潤滑油のおかげでちゃんと稼働するわけです。
したがって潤滑油がなくなれば摩擦力が強くなって動かなくなってしまうわけなんです。
だいたい3年くらいに1度オーバーホールをする必要があるみたいなんですが、今使ってるクロノスイスの時計はもう4年半くらい使ってますが、今のところ順調に動いてくれていますし大丈夫なのですが、もう4年半なのでそろそろ時計をオーバーホールしてもらおうかなって考えてるんですよね。
油が切れても一応動くことは動くみたいなんですが、部品の消耗が激しくなるようで劣化してしまったら交換が必要でより費用がかかるということから、できるだけ早めにオーバーホールしてあげることが大事なようなので、今度の休みの日にでも行き付けの買取店で私のクロノスイスの時計のオーバーホールをお願いしてこようと思います。
今日電話で聞いたら交換がなければ1万5000円くらいと思ってたより安かったのでね♪